« 解雇を考える | トップページ | 色に染まる »

2010年2月18日 (木曜日)

メダルがすべてじゃない

バンクーバーオリンピックは、日本人選手がメダルをとったあたりから国内でも注目度が増してきたようですが、メダルをとるかどうかは、本当に運の問題で、本質的な実力の問題ではないことがわかります。
夏季五輪では純粋に速さや高さや重さなど、数字を競う競技が多いため、実力が比例的に結果に反映しやすいでしょう。
それに対し、冬季五輪は、ポイントを競う競技が多く、ポイントをいかにとるか、落とすかで順位は簡単に上下します。
平凡なプレーをして出るポイントに、大技が決まればメダル圏内に入るが、はずせば、すぐに入賞圏外に落ちることもあります。
今日の競技でも、予選で無難に上位につけた選手が、決勝で大技に失敗し、順位を下げていますが、これが成功していたらメダルをとれたかもしれません。
大技を出さなければ平凡な順位で終わるでしょうし、大技を成功させていれば、メダルだったが、失敗したので、下位に落ちた、それだけのことです。
どうしてもメダルをとれるか、を評価の指標にする風潮が高いので、成功率のあまり高くない大技を繰り出す博打に出る選手がでるのではないかと心配してしまいます。
メダルをとることに執念はぜひ燃やして欲しい。
しかし、メダルをとるために、自分のスタイルを見失ったプレーをして後悔はしてほしくありません。
参加する選手が、悔いの残らないプレーをして出た結果であれば、どれもすばらしい結果のはずです。
メダルの期待はしても、メダルを評価の指標にしないよう注意して、残る競技を見守りたいと思います。

|

« 解雇を考える | トップページ | 色に染まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メダルがすべてじゃない:

« 解雇を考える | トップページ | 色に染まる »