« 山の神 | トップページ | 初詣の行列移動 »

2010年1月 3日 (日曜日)

微妙な判定?

ライスボウルはなかなか見応えのある試合となりました。

序盤は関西大学の勢いあふれるプレーが炸裂し、試合を動かします。

関西大学の主力選手は関大一高からの進学のようで、高校から地道にトレーニングを積んだ選手達が昨年開花したという点も非常にさわやかです。

最後は鹿島が社会人の自力を見せて逆転しましたが、この試合2つ微妙な判定があったと思います。

前半、鹿島DBの佐野選手が自陣エンドゾーン近くでパスインターセプトしたかに見えたプレーですが、審判の判断はワンバウンド。

リプレイでも、ワンバウンドは確認できず、難しい判断だったのだと思います。

これは試合に大きな影響を与えませんでしたが、鹿島のTDのシーンは誤審であれば大きな問題です。

鹿島の選手がタックルをうけながらエンドゾーンに侵入し、ボールをこぼしたプレーで、審判の判断はボールの先端がエンドゾーンに入った後こぼしたので、タッチダウン成立後にファンブルしただけであるから得点を認めました。

しかし、よく見ると、体は確かにエンドゾーンに入っていますが、ボールの先端はエンドゾーンにかかる直前でディフェンスに掻き出されているように見えます。

そうであれば、このプレーはタッチダウン目前でのファンブルとなり、試合に与える影響は大きかったです。

アメフトに限らず、こうした微妙な判定を肉眼だけで瞬時に判断するのは困難ですので、スポーツの判定は公平のため、もっとビデオ等に頼らざるをえなくなっていくのではないかと思います。

その意味で、アメリカのチャレンジの制度はよい先駆けとなっています。

日本でも、試合に選手もファンも納得できるための視点で、ルールを再考していくべき部分がいろいろあるのではないかと思いました。

|

« 山の神 | トップページ | 初詣の行列移動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 微妙な判定?:

« 山の神 | トップページ | 初詣の行列移動 »