« 見えぬ危険 | トップページ | 最強のカードと最良のカード »

2010年1月24日 (日曜日)

飲酒と意識

深酒をするとしんどくなります。

そういうとき、放っておくと、しばらくしんどい状態が続きますが、ちょっとお酒を飲むと体が楽になります。

(といって、油断して飲みすぎると、さらなる苦痛に見舞われます)

長時間仕事をしているとしんどくなります。

そんなとき、放っておくと疲れがたまり、眠くなりますが、ちょっとお酒を飲むと、集中力が持続します。

(といって、油断して飲みすぎると、仕事にならなくなります)

お酒は体の不調に利く特効薬であり、劇薬であることを如実に表しています。

疲れたときには、無理せずに軽く1杯飲んで、頭をリセットして再スタートするのも時によい手段なのでしょう(普段の仕事の時には怖くてとてもできませんが)。

まさに毒をもって毒を制す。

お酒で、対内の毒を制し、お酒で体を殺してしまわないよう、気をつけてつきあっていきたいと思います。

|

« 見えぬ危険 | トップページ | 最強のカードと最良のカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒と意識:

« 見えぬ危険 | トップページ | 最強のカードと最良のカード »