« バラバラが自然 | トップページ | ワンポイントでも使う »

2009年12月 9日 (水曜日)

危険と隣り合わせ

赤星選手の突然の引退宣言にはびっくりしました。

長年努力を続けて、球界のトップ選手として活躍できるところまで来て引退を迫られることの悔しさは想像を絶します。

プロスポーツは華やかなようで、こうしたちょっとしたところにとんでもない落とし穴が待っています。

学校でドッジボールをしていても心臓ショックの危険があるようで、純粋にスポーツを楽しむことの難しさがわかります。

可能性としては非常に微々たるもの。

しかし、予見可能性がある以上、合理的にとりうる防御策はとらなければならない。

そうしたら、ルールとしては面白くなくなる。

このことが頭に入ってしまうと、スポーツの見方がかわってしまいます。

赤星選手の場合、悪質なファウルを受けたわけではなく、プロ選手として最高のプレーをしようとして、事故に遭ったわけで、本当に不運としかいいようがありません。

願わくば、この件を機に、スポーツをする選手は十分に危険の気をつけてプレーする

スポーツを見る人は危険を理由にスポーツ離れしない

そうあってほしいと思います。

|

« バラバラが自然 | トップページ | ワンポイントでも使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危険と隣り合わせ:

« バラバラが自然 | トップページ | ワンポイントでも使う »