« 大した距離じゃない | トップページ | あれば使うし、なくても払える »

2009年11月12日 (木曜日)

余裕の有無

木曜日仕事を終えて帰るととても体が重いです。

あ~今週は仕事した~ あっ、まだあと1日あるのか

こうして金曜日は重い体をひきずって仕事に行くのですが、金曜日の仕事が終わると、体は軽くあと1日くらい余裕余裕♪って感じです。

脳や肉体的には間違いなく金曜日の方が疲れているはず。

それにもかかわらず木曜日の方が辛いのは、あと1日義務があるかないかの精神的な負担が原因でしょう。

金曜日の仕事が終わっても、土曜日か日曜日に出勤する日はありますが、体の負担の少ない時間帯に出勤すればよいという余裕があるから気が楽なのでしょう。

先日鬱病の話を記事にしましたが、「仕事を強制されない」その余裕がやはり必要不可欠なのでしょう。

そのために、労働基準法があるわけですが、勤勉で営利に鋭い日本社会では、なかなか厳守されてはいません。

しかし、人間を守るのは最終的には法ではなく人間です。

自殺に至る人間がいたとしたら、その原因は法や政治に問題があるのではなく、周囲の人間が手助けしきれなかったことの方が大きいのではないでしょうか?

そう考えると、自分が生きるために、他人の余裕を奪うことは、法の有無にかかわらず悪だと思いますし、周囲の人間が余裕をもって暮らせるよう気配りできる人間の偉大さがよくわかります。

自分もあまり余裕のある人間ではありませんが、周りの人に余裕をもった生活をおくってもらえるよう、気配りのあるふるまいをしていきたいと思います。

|

« 大した距離じゃない | トップページ | あれば使うし、なくても払える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余裕の有無:

« 大した距離じゃない | トップページ | あれば使うし、なくても払える »