« 沖縄全国大会 | トップページ | ハッピーバースデー »

2009年10月19日 (月曜日)

何かプラスする精神

JCの沖縄全国大会から帰阪して間もなく、我が家は結婚1周年をむかえました。

正直、沖縄で60時間以上不眠・不食の生活を続けていましたので、「何でこのタイミング?」という思いはありましたが、JCよりも、仕事よりも大事にすべき記念日ですので、何とか成功させようという思いはありました。

事前に欲しい指輪を聞いていましたので、とりあえずそれを手配。

ここまでは結婚前からできる男でした。

しかし、「これだけ高いものを買って誠意を見せているのだから、もう十分だろう」という思いがどこかにあったのかもしれません。

それ以上の何かをする気持ちには、日々の忙しさもあってなれませんでした。

「最高の思いをしてほしい」そういう気持ちは誰でも抱きますが、それを実現する手段を自力で見つけるのは、ドラクエ9で「まさゆきの地図」を自力で入手するくらい困難なことです。

人は、努力してかなうことであれば努力しますが、成功するかわからないことに全力を尽くすことはなかなかできません。

「最高の思いをしてもらう」と気張る必要はないのです。

結果的に些細なことでもいい、何か「平凡でない」と思わせるサプライズを用意しておくと、「何か違う」「結構いけてるじゃん」「また来よう」という気持ちになれます。

今日、私は、1周年の紙婚式にちなんで、昼休みのLOFTへ走り、ほんの些細な用意をしました。

これが功を奏したのか、とても充実した記念日となり、記憶に残る1日にすることができました。

この平凡に何か些細でもプラスする精神、この精神はJCが教えてくれたものです。

多額の費用をかけて、お金にならない業務を連日深夜まで行う変な団体ですが、そこで学べることも大きいと実感できた1日でした。

今後は仕事でも、通り一遍の仕事で済まさず、何かほかにないプラスアルファを心掛けていきたいと思います。

|

« 沖縄全国大会 | トップページ | ハッピーバースデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かプラスする精神:

« 沖縄全国大会 | トップページ | ハッピーバースデー »