« 当事者を憎んで代理人を憎まず | トップページ | 冗談が通じない関係 »

2009年9月 5日 (土曜日)

わずかな差?

サッカーの日本対オランダ戦。

点差を見て惨敗と評価する人もいるでしょうし、点差は3-0だが、善戦した。そう考える人もいるでしょう。

私はわずかな個人能力の差で完敗と評価します。

失点はいずれも、崩されての失点ではなく、マークがついている中で、うまくコースを狙った正確なシュートを決めたもので、シュートを外したり、マーカーの体に触れることとは紙一重で、失点につながるか否かは、確率的な要素が否定できません。

だからといって、また、試合の多くの時間失点しなかったからといって、日本とオランダの差がわずかとはいえません。

失点は、オランダ選手の反応・反転に要する時間・トラップ、パス、シュートの正確さの差が現れたものですし、失点しなかったシーンも偶然失点しなかっただけの面もあります。

対して、日本はこれらの運動能力で劣るため、ちょっとしたマークをはずすチャンスを作れず、シュートもあまり正確ではないため、決定的なチャンスはなかなか作れませんでした。

ほんのわずかな運動能力の差ですが、それがチームとして大きな差をもたらし、試合内容としては完敗というべきでしょう。

ワールドカップでは、そうしたチームに勝たなければ、決勝トーナメントにはいけません。

運動能力の差は、練習で地道に埋めるしかないので、そうするとともに、どうすればその差があまり現れない試合運びができるか、じっくり考えて準備してほしいと感じた試合でした。

|

« 当事者を憎んで代理人を憎まず | トップページ | 冗談が通じない関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わずかな差?:

« 当事者を憎んで代理人を憎まず | トップページ | 冗談が通じない関係 »