« スポーツ事故の責任の所在 | トップページ | ペーパーかデーターか »

2009年7月 9日 (木曜日)

きめ細やかな交渉

弁護士の大きな仕事の1つは交渉し、契約を締結することです。

しかし、契約を締結することが果たしてどれほどの意味を有するのかも考えながら仕事をこなしていかねばなりません。

裁判上で和解をしたまではよいものの、和解条項がぜんぜん守られない際に、和解を勧めた裁判官に不満を覚えるのと同様、自分が主導して成立させた契約が守られないと、不満の矛先は弁護士に向いてきます。

自ら約束したことを守れないのは、人間として恥ずべき行為の1つですが、守れないのは、無理を課している場合が多いのではないかと思います。

契約の定型化が進み、一定の事実関係の中では、あるべき契約・理想の契約がどんどん固定化され、固定化された内容で、契約締結に至ることが最善の仕事であると思いがちです。

金融機関による債権回収の場合、先に「分割は3年まで」という社内ルールありきで、このルールに則った和解案を相手に強制し、和解成立にいたれば成功、そうでなければ和解する意味なし、という態度をとりますが、相手の支払能力を度外視して、ただ漫然と3年以内の和解を成立させればよいというわけではありません。

結局支払ができず任意整理をやりなおすことになれば、時間も余計にかかり、約定利息の回収の点でも損をします。

同じように、要望の範囲で理屈上「ベストな契約書」を作成できたとしても、これを相手が履行できなければ実質上「ベスト」とは到底言いがたい代物で、相手のキャパを考え、破綻することなく、最大の利益をあげる契約内容を個別具体的に検討する必要があります。

任意整理にしても、契約締結交渉にしても、単純な仕事をマニュアル通りにこなすのは、弁護士資格があれば誰でもできることですが、この単調な仕事をいかに個別具体的に深く検討し、究極の仕事に昇華できるかどうかで、弁護士の能力の差異が現れていくと思いますし、これから生き残っていくのはこうした個別の事情を丁寧に汲み取れる弁護士であると思います。

|

« スポーツ事故の責任の所在 | トップページ | ペーパーかデーターか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きめ細やかな交渉:

« スポーツ事故の責任の所在 | トップページ | ペーパーかデーターか »