« 債権回収のかけひき | トップページ | 落として持ち上げる »

2009年5月12日 (火曜日)

同じ車

駐輪場で自分のものとうり2つの自転車を発見しました。

私は自転車の置き方に特徴があるので、間違うことはありませんが、間違われる危険を感じるとともに、新鮮な感じがしました。

自転車にしても自動車にしても、うり2つの車に出会う確率は極めて低いです。

車種・カラー・カスタマイズ・・車の特徴の構成要素は多岐にわたり、1つでも異なると、一見して違いが明らかだからです。

同じ製品を大量生産すればよいというわけではなく、車業界の生存競争の激しさをうかがうことができますが、利用者にとってはうれしい話です。

愛車と同じものを他人も持っていると盛り下がりますし、公共の場での判別にも一苦労します。

自分の愛車は自分だけのオリジナル。

現実はそうではないですが、そう思い、大切に乗ろうと改めて感じました。

|

« 債権回収のかけひき | トップページ | 落として持ち上げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じ車:

« 債権回収のかけひき | トップページ | 落として持ち上げる »