« 仲間外れと感じたとき | トップページ | 地裁の判断と高裁の判断 »

2009年3月24日 (火曜日)

アジアの力

20世紀、日本人メジャーリーガーを数名輩出したころ、日本野球がアメリカを上回ることを予想した人が何人いたでしょうか?

韓国野球が日本を脅かすことを予想した人が何人いたでしょうか?

2006年、韓国は日本を2度倒し、日本と韓国はアメリカをおしのけてWBCの二次リーグを突破しました。

この時は、アメリカがメキシコに負けてくれた偶然と、日本の韓国に対する油断という偶然的要素が大きいと考えた人が多かったのでしょう。

しかし、2009年のWBCの決勝の舞台に立ったのは日本と韓国。

日本は韓国に2敗しながらも、大事な試合を勝ちきり、優勝しました。

アメリカはといえば、予選から負けを重ね、日本には完敗。

資金力で有力な選手がアメリカに集まってはいますが、選手の国籍で考えれば、アメリカよりもアジアのレベルが高いのではないかと思わせる大会になりました。

もちろん、アメリカはメンバー的にもコンディション的にもベストにはほど遠く、実力を出し切れてはいません。

しかし、それは日本も同じような事情をかかえており、結果を覆す事情ではありません。

20世紀に、近代化で遅れをとった東アジアが、「正確性」を売りにした着実な成長で、欧米に比肩する国家に化けた歴史が野球界でも繰り返された思いです。

野球においては、三振をとる剛速球やホームランの方が観客としては楽しいですが、勝つという点においては正確なコントロールと機動力が大事であることを物語り、これを備えるアジア野球が野球界をリードするというのが今の野球界の実情だと言ってもよいと思います。

これを機に、プロ野球選手を目指すこどもたちが、皆、コントロールや機動力を重視した小回りの利く選手を目指すと困りますが、パワーや体格のない選手がどのようにトレーニングしていけば良いかについて、大きなヒントと希望を与えてくれたと思います。

先日開幕したセンバツ甲子園での挨拶でもありましたが、日本野球の原点は高校野球です。

甲子園を目指す球児がますますその腕を磨き、どんどんいい選手が育ち、日本野球が発展していくことを大きく期待させるいい大会になってよかったと思います。

|

« 仲間外れと感じたとき | トップページ | 地裁の判断と高裁の判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアの力:

« 仲間外れと感じたとき | トップページ | 地裁の判断と高裁の判断 »