« 自分らしさを忘れずに | トップページ | このむかつきをどうすりゃいいの?誰が僕を救ってくれるの? »

2009年3月18日 (水曜日)

いやな相手

WBC日本代表は試合全体としては優勢にすすめながら、2つの弱点を突かれて敗戦しました。

一発勝負ではいかに相手に弱点を見せない、突かれないことが大事ですが、

立ち上がりの不安定

と、

大事なところでストライクを決められないコントロール力

という2つの弱点をつかれて失点を重ねてしまいました。

先日書いたとおり、一発勝負では、いかに相手につかれる弱点を減らし、的をしぼらせないことが大事になります。

シーズンを通じて安定した成績を残すよりも、短時間で攻略できない選手のほうが有効であることを如実に物語りました。

自分の目線ですぐれているか、いないかではなく、相手の目線で面倒臭いかそうでないかが、大事です。

このことは、われわれの仕事にも有用な考え方で、自分目線で勝算十分かどうかよりも、相手にいかに敗訴濃厚であるかを知らしめたほうが、はるかに迅速かつよい結果に落ち着きます。

いやらしい考え方であまり好きにはなれませんが、勝負事では相手の嫌がる仕事を続けることが大事だと改めて感じます。

|

« 自分らしさを忘れずに | トップページ | このむかつきをどうすりゃいいの?誰が僕を救ってくれるの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやな相手:

« 自分らしさを忘れずに | トップページ | このむかつきをどうすりゃいいの?誰が僕を救ってくれるの? »