« メーリングリストの利用 | トップページ | 投手戦 »

2009年3月 8日 (日曜日)

一発勝負に必要な選手

WBC一次ラウンドは危なげなくクリアしました。

しかし、まだ韓国とは何度かあたります。

前回大会の韓国のように、2回勝っても、準決勝で一度負ければ敗退ですので、気をぬかず頑張ってほしいと思います。

たまたま打線が好調だっただけで、点差ほどの実力差はないことは、選手自身がよくわかっていることと思います。

打線が爆発すると勝利が近づきますが、打線を爆発させる方法などありませんし、それに依拠していると、投手戦でころっと負けてしまいます。

一発勝負では、打線に勢いのあるチームが有利なように錯覚しがちですが、そうではないと思います。

一発勝負は負けられない。

負けないためには、ミスをなくし、ギャンブル性をできる限り避ける。

そのためには、守備率が高く、かつ、相手が嫌がる攻撃をコンスタントにできる選手が望ましい。

よって、俊足堅守でそこそこの打率を残す選手を主体にチームを組み、そこにホームランバッターや左右ジグザグの打線を組み合わせて、投手が対応しにくいチームにするというのがベストと思います。

その点で、今大会のチームは、メジャーで揉まれた選手がうまくチームを支え、非常に面白いチームであると思います。

今大会も最後まで行けるよう、ぜひ睡眠時間を削って応援したいと思います。

|

« メーリングリストの利用 | トップページ | 投手戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一発勝負に必要な選手:

« メーリングリストの利用 | トップページ | 投手戦 »