« 国を動かすチカラ | トップページ | 感情を表現する »

2009年3月14日 (土曜日)

適材は適所へ

オープン戦のオリックスvs巨人を見てきました。

WBCの最中ということもあり、若手が多く試合に出ており、どれだけの選手が今シーズンブレイクできるか、名前を覚えておこうと思いました。

巨人は、高卒2,3年目の若手がスタメンで活躍していますが、数年前の松井黄金期では考えられないことです。

その時期に入団していたら十分な試合経験を積むことなく退団していた可能性があり、現に、能力がありながら、試合に出させてもらえないまま引退した選手もいるかもしれません。

松坂のように、どのチームに行ってもエースになれる選手なら別ですが、多くの選手にとって、いかに入団してから成長できるかが大事です。

2軍は実戦経験をあまり積めないので、いかに自分にチャンスをくれるチームに入るかが、ビッグチームに入るよりも重要になってくると思います。

巨人に行きたい、メジャーに行きたい、そう思う気持ちは大事ですが、すぐ活躍できるわけではないのであれば、まずは、試合経験を積めるチームに入ってしっかり実力をつけて、それから移籍するというのが、巨視的に見た勝ち組の人生設計ではないかと思います。

ともあれ、WBCで主力がいない今は、若手選手にとっては絶好のチャンス。

しっかり経験を積み、どんどん日本プロ野球界を底上げしてほしいと心から思います。

|

« 国を動かすチカラ | トップページ | 感情を表現する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 適材は適所へ:

« 国を動かすチカラ | トップページ | 感情を表現する »