« 刑事法廷に微妙な変化あり | トップページ | 人生設計は自由に計画的に! »

2009年2月 6日 (金曜日)

銀行はプロ、業者はアマ

私は任意整理事件を受ける際は、全債権者一括で受任することが多いです。

高金利の業者は、通常、全て受任するのが普通ですが、通常金利の銀行等からの借り入れは、弁護士が介入しても、債務残高は減らず、せいぜい、将来利息を削るくらいしか利益はありません。

そこで、弁護士費用をいただいても、それに見合う成果を得られない可能性があることから、比較的残額の少ない、銀行等からの借り入れについては、受任せず、本人にそのまま支払ってもらうのが好ましい、と判断する弁護士もいます。

私の場合、任意整理は、負債全体を把握したうえで、しっかり方針をたててやらなければ、後でぐちゃぐちゃになると思うので、本人がどうしても、整理したくない、という場合でなければ、全債権者まとめて受任、というかたちをとらせていただいています。

これは、これで、どちらのやり方が望ましいということはないと思いますが、1つ気をつけなければならないことは、低金利の銀行等からの借り入れにつき、消費者金融業者が保証しているケースがあることです。

通常のケースでは、支払が厳しくなった場合、銀行とまったり協議して、遅れ遅れでも払っていればなんとかしのげるケースが多いですが、代位弁済がなされれば、債権が移転し、請求方法も、支払条件もかわってしまいます。

銀行からの無担保ローンだからなんとかなるだろう、と、簡単に安心してはいけません。

銀行と金融業者で対応が違うのは、前者は貸金業のプロ、後者はまだまだ素人、という違いによるものだと思います。

銀行はプロであるがゆえに、債権回収手続にぬかりがあることは少なく、法的に無茶なことを言ってくることはありません。

これに対し、金融業者は、手続がいいかげんなことがしばしばあり、明らかに法律を無視した態度をとることがあります。

先の代位弁済の件では、Aという債務者に対して、金融業者Bは、直接のカードローン契約と、C銀行に対する保証契約を締結を有しているところ、弁護士がカードローン契約についてのみ受任し、過払金を回収し、Aがこれを費消した後、C銀行から保証債務履行請求され、Aに対する債権回収に、多くの時間を要した、というケースを聞いたことがあります。

このようなミスは、銀行では起こらないのではないかと思います

債権回収は、「法律の範囲内で」「いかに出費をおさえ」「いかに速く多く金銭を受けるか」の3本柱全てにぬかりおないことが大切です。

回収側、回収される側いずれにたっても、的確な判断を下せるよう、勉強しておかねばなりません。

|

« 刑事法廷に微妙な変化あり | トップページ | 人生設計は自由に計画的に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行はプロ、業者はアマ:

« 刑事法廷に微妙な変化あり | トップページ | 人生設計は自由に計画的に! »