« 絶滅危惧種を救うためには | トップページ | 離婚事件は難しい »

2009年2月23日 (月曜日)

いい法曹の定義

いい裁判官・いい弁護士の定義の仕方はいろいろあると思います。

最もオーソドックスな定義は、「業務を間違いなく的確にこなす」者で、多くの法曹はそのような法曹になるべく日々研鑽しています。

しかし、仕事をしていると、ふと、違和感を感じます。                      

弁護士よりも圧倒的に優秀なはずの裁判官ですが、「この人はいい裁判官だな」「この人と一緒に仕事したいな」と思える人には、2~3割くらいしか出会えません。

弁護士にしても、有名な先生が必ずしも、いいな、と思える先生とは限りません。

こう感じる理由は、相手の立場を理解しているか、相手の立場に配慮した言動ができているかによっているような気がします。

いい裁判官や弁護士は、話し相手の立場を理解し、その学力や感情をふまえ、その人の立場からわかりやすい言動を心がけていると思います。

だから、話がわかりやすいし、共感しやすい。

頭はいいけれど、いい法曹だと思えない人は、正論を言っていても、上から目線で、不利なことを言われた側は腹がたったり、素直にこれを受け入れられなかったりで、なかなかいい解決にはつながりません。

正しい判例や学説を唱えたければ学者になればよい。

事件を解決してなんぼの弁護士や裁判官は、相手を理解し、相手の立場でわかりやすい話を心がけねばならず、「これが正しいからこうしろ、理解しろ!」という態度はあまり好ましくありません。

忙しいから、いちいち個人のわがままや要望に応えてられないというのはただの言い訳で、きちんと事件処理ができないなら、事件数を減らして、丁寧に依頼者や相手方に接していくべきです。

私も、いかに効率よく事件を回転させるかに腐心した時期もあり、話し方もおそらく上から目線な時が多いと思います。

しかし、それではダメだと、周囲を注意しながら仕事をしていると理解できます。

そう簡単に変われるものではありませんが、少し事件数を減らしてでも、丁寧な事件処理、相手の立場にたった放し方を心がけていきたいと思います。

|

« 絶滅危惧種を救うためには | トップページ | 離婚事件は難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい法曹の定義:

« 絶滅危惧種を救うためには | トップページ | 離婚事件は難しい »