« 暖かさ | トップページ | 目覚ましいらず »

2008年12月 2日 (火曜日)

記録の山

弁護士は毎日、多くの事件記録を少しずつ読みます。

この職業が時間の切り売りと言われる所以もそこにあります。

私は、一日の業務の中で、使用したファイルはすぐには棚にはしまわず、机の脇に積み上げていきます。

それは、仕事をした後のファイルは、事務員から質問があったり、相手方や裁判所から電話があったりと、引き続き使う可能性が高いため、手元に置きたいからです。

そんなこんなで、一日の業務を終えた後、私の机には数十冊のファイルが山積し、これを50音順に片づけるのに、10分近くかかります。

そのうち、使用した記録の山に埋もれてしまうのではないかと心配しています。

年の瀬がせまり、非常に忙しい時期にさしかかって、私も、自分がやるべき仕事の全体像を把握することがなかなか難しくなってきました。

そこで、明日すべきことをミスプリの裏に書き出したのですが、帰宅間際、ファイルを片づけ、記録に綴じないメモをシュレッダーにかける際、誤って、明日やることメモまでシュレッダーにかけてしまいました。

忙しいからといって、大切な書類をシュレッダーにかけてしまうと大変です。

忙しいかれあこそ慎重な言動を心がけて今年のラストスパートを頑張りたいと思います。

|

« 暖かさ | トップページ | 目覚ましいらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記録の山:

« 暖かさ | トップページ | 目覚ましいらず »