« 青年よリーダーたれ | トップページ | サンタが街にやってきた »

2008年12月13日 (土曜日)

ジャパンXボウル

何年かぶりにアメフトの試合を見に行ってきました。

私が現役選手だったころ活躍していた選手がまだトップレベルの選手として活躍しているのを見ると、私もまだ枯れた年頃ではないと実感できます。

ところで、今日の試合も含め、社会人アメフトの構造が変わってきた印象があります。

それは、私が現役あるいはその後数年間は、DLがOLを圧倒する場面が多く、レベルの高いチーム同志の試合になればなるほど、ランは出にくく、QBのスキルに頼ったパス主体の攻撃になりがちでした。

今年の社会人は逆で、DLがOLを圧倒している場面はあるものの、ランがでまくり。

逆にパスは少なく、ラン主体の攻撃で、試合展開が早いという感じがします。

今日のジャパンXボウルもそうでした。

着実なランが計算できるのであれば、オフェンスコーディネーターとしてはこんなに嬉しいことはありません。

また、ランの方がトリックプレーがつくりやすく、成功しやすい、というのもあるのかもしれません。

観客の視点から見れば、ランがテンポよく出るのは、ヒットが量産される試合で、それで点が入れば楽しい展開といえます。

少し時代の変化を感じましたが、やはりアメフトは面白い!

今シーズンの試合はあとわずかですが、もっと見てみたいと思いました。

|

« 青年よリーダーたれ | トップページ | サンタが街にやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンXボウル:

« 青年よリーダーたれ | トップページ | サンタが街にやってきた »