« 未知なる地を歩く | トップページ | 何故JC活動をするのか »

2008年11月18日 (火曜日)

借りはすぐ返す

私は借金をすることが嫌いです。

借金があると、自分の財産状況を適確に把握することが困難になり、収支のバランスのとれた生活を行ううえでの判断ミスが誘発され、家計が崩壊するおそれがあり、その感じが気持ち悪いからです。

出先で少しお金が足りないときに知人に借りたお金は次に会った際に返すようにしていますし、「つけ」でサービスを受けることはしたことがありません。

クレジットカードも有事のために何枚か持っていますが、基本的にはあまり使いません。

ポイントがつくから、使用したほうが得だということはわかっていますが、クレジットカードを使用するとその分、家計に余裕があると勘違いして使いすぎ、翌月しんどい思いをするので、あくまで現金主義で堅実に家計を維持したい気持ちのほうが大きいです。

そんな私も、海外旅行ではクレジットカードを使用せざるをえません。

現金両替に伴う手数料負担を考えれば、クレジットカード使用のほうが処分可能な交換価値が結構大きくなるからです。

そして、今、先月来の海外旅行・出張の「つけ」がまわってき、年末にむけて家計のやりくりを調整しています。

ところで、世の中の非常に多くの人は、私とは全く異なる考えで、クレジットやローンを簡単に組み、せっせと金利を支払って満足しています。

また、「連帯保証」というモンスターボックスをいとも簡単に開け、署名してしまいます。

多重債務者の相談を受ける中で、「何で収支のバランスのとれた計画的な家計を維持しなかったのか」と問うと、一様にかえってくるのが「こんなことになるとは思いもよらなかった」という答えです。

支払いやすい金額に分割されたローンは「何とか支払える」、連帯保証は「依頼してきた知人に対する義理のようなもので、大変なものではない」という認識の人が多く、それが多重債務の引き金になっている人は少なくありません。

つけを将来にまわすことは、今の幸せをもたらす反面で、将来にリスクも及ぼします。

自分ではしっかり管理しているつもりでも、第三者や不可抗力によって予定が崩される可能性まで想定の範囲内に入れたうえで、耐えうるリスクかどうか検討しておく必要があると思います。

倒産案件の増大は決して明るいニュースではありません。

少しでも、明るいニュースが増えるためにも、各人・各法人・そして国家として、借りはすぐ返す志向を広めていかねばならないと思います。

|

« 未知なる地を歩く | トップページ | 何故JC活動をするのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 借りはすぐ返す:

« 未知なる地を歩く | トップページ | 何故JC活動をするのか »