« 弁護士費用あれこれ | トップページ | 冷えた! »

2008年11月26日 (水曜日)

「聞いてない」の構造

そんなこと聞いてないよ。

日常生活のあらゆる場面で耳にする言葉です。

説明義務の範囲を議論する裁判事案もありますが、ほとんどは言った言わないの議論です。

自分では言ったつもりでも、実は言うのを忘れていた、あるいは伝わっていなかった

逆に、きちんと説明してはいるが、その事を聞き手が忘れた、あるいは理解できなかった

様々なケースがあります。

「聞いてない」と怒る人は多いですが、その原因がどこにあるのか、当事者双方が冷静に考える機会が必要でしょうし、証明しようのない言った言わないを激しく争うのは不毛です。

そうでなければ、生活のあらゆる場面で、録音テープや書面を残す必要があり、日常生活に支障が生じます。

ところで、後でこのように言われないコツは2つあると思います。

1つめは備忘録をこまめに残すこと。

2つめは横着せず、丁寧な言動を心がけること。

これにより、記憶が整理され、聞いてないと言われても、いつどのように説明したか、信用性の高い説明ができるでしょう。

面倒くさがりの私は、この2つを怠りがちで、きちんと説明したはずなのに、後で、「聞いてない」とキレられることがしばしばあり、落ち込むことがあります。

目先の楽のために横着して、精神的に責められることは大変辛く、もったいないことです。

面倒くさくても、こまめにメモをとり、1つ1つ丁寧な言動を心がける生活態度を心がけていきたいと思います。

|

« 弁護士費用あれこれ | トップページ | 冷えた! »

コメント

今、私が争っている裁判も相手が言った、言わないということでなかなか前に進みません、こういう状況が長く続いて精神的にかなり疲れます、正直裁判所に早く判決を出してほしいと思う日々です。

投稿: ぶーたろう | 2008年11月27日 (木曜日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聞いてない」の構造:

« 弁護士費用あれこれ | トップページ | 冷えた! »