« 気になる順番 | トップページ | 日中関係 »

2008年8月14日 (木曜日)

高さの壁

バレーボール男子の中国戦は善戦しましたが、最後は高さの壁にやられたかたちになりました。

ここでも何度かとりあげましたが、高校バスケのIHも、今年は巨大なセネガル人留学生を擁する高校同志の決勝となり、高さという壁が日本人に大きくそびえたっています。

日本人同士で試合をする際にはあまり感じないのかもしれませんが、世界と闘うためには、自分よりもはるかに大きい相手と闘わなければなりません。

それが、バスケやバレーが今後オリンピックでメダルを狙えるかどうかの一番大きな鍵といえるでしょう。

日本人を外国と同じくらいの長身にすることは不可能ですので、日本人が勝つためにはそれ以外の部分を磨いていかねばなりません。

例えば、バレーならレシーブ、バスケならドリブルやパス、スリーポイントシュートなどです。

しかし、4年に1回の五輪のためではなく、まずは国内の試合に勝つことが優先される状態では、長身選手は長身を活かした安全なプレーに終始しがちで、なかなか上記のようなプレーを磨きません。

そこに、いつまでも進歩しない日本スポーツがあるのでしょう。

しかし、これを批判するわけにはいきません。

選手は精一杯頑張りながら、高さというハンデの中で屈辱的な試合をくりひろげています。

負ける可能性は高いが、それでも精一杯やる、そういう精神は他国では評価されなくても、日本では胸をはって良いことだと思います。

ハンデを背負いながら、勝利のために精一杯闘うバスケやバレーの選手は本当に素晴らしい人たちです。

仮に全敗しても、胸を張って日本に帰ってき、多くの人に夢や技術を伝えていってほしいと思います。

|

« 気になる順番 | トップページ | 日中関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高さの壁:

« 気になる順番 | トップページ | 日中関係 »