« 選挙をする意味 | トップページ | 気になる順番 »

2008年8月12日 (火曜日)

偉大な先輩のもとで育つ後輩

北京五輪の日本選手団はサッカーもバレーボールも柔道も水泳も体操もほぼ実力通りの結果を出していると思います。

しかし、マスコミや観客からあまり評価されないのは、前回のアテネがすごすぎたからです。

井上康生と野球を除きメダル候補がことごとく結果を出したうえ、伏兵も次々とメダルを獲得した前回大会は実力以上の結果が出た異常な大会で、それが当然だと思ってはいけません。

しかし、多くの人は前回大会のうえにどれだけ上乗せできたかを評価対象にしたり、日本発祥の柔道ではメダルをとって当たり前と考える人も多いのでしょう。

偉大な先輩がいると、それを基準として考えるため、練習の見本があるという点では良いのですが、結果の点ではあまり良い効果を生みません。

後輩が偉大な先輩に劣等感を感じれば、その後輩は先輩を超えることは困難になります。

偉大な先輩がいる場合に、その先輩についていけばそこそこの結果は着いてくるという「安定」に志向が走れば伸び悩むため、先輩を踏み越えてもっと上に行くという気概が大事なのでしょう。

繰り返しますが、今回の五輪に出場している選手は実力通りの結果を出しており、少なくとも批判されるべき点はありません。

しかし、その中の果たしてどれほどの選手がアテネのメダリストを本気で越えるつもりで日々頑張ったでしょうか。

ゆとり社会の中で、安定に固執せず、常に上を見て努力できる人がどれだけいるかが何をするにも日本の世界における地位を左右してくるのだと思います。

|

« 選挙をする意味 | トップページ | 気になる順番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偉大な先輩のもとで育つ後輩:

« 選挙をする意味 | トップページ | 気になる順番 »