« セミの一生 | トップページ | 訪問時間の争い »

2008年8月22日 (金曜日)

野球の敗因

今回の五輪で最も金メダルに近い種目を問われたら、北島康介と並んで、野球が挙げられたでしょう。

日本のプロ野球のトップ選手はメジャーで通用する

五輪にはメジャーの選手は出場しない

というのがその理由の骨子だと思います。

しかし、キューバに負け、アメリカに負け、韓国には2度負けました。

野球は必ずしも強いチームが順当に勝つゲームではないため、何回か負けるのはやむをえませんが、これだけ連敗すると、

日本のプロ野球はアメリカやキューバのアマチュアよりもレベルが低い、と言われても仕方ありません。

負けた原因は様々あると思いますが

・投手のコントロールが定まらない

・野手が打てない

というのが誰が見てもわかる原因です。

シーズンの一番しんどい時期に招集され、調整が難しい点はあったと思いますが(そういえば、WBCい出場した選手はその年のシーズン散々でした)、大会に向けた準備が不十分だったことは否定のしようのない事実でしょう。

なかなか、シーズン中ずっと好調を維持するのは困難ですが、韓国はそんななかでも、きちんとチームを作っています。

そのようなところに、本当に勝ちたいかどうかや、弱者が強者を倒す仕組みが隠されているのでしょう。

野球には期待していただけに残念でしたが、(五輪野球は終わりますが)国内にしか目がいかなかったこれまでの日本野球がこれからどんどん外に目を向け、発展していくことを期待したいと思います。

|

« セミの一生 | トップページ | 訪問時間の争い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球の敗因:

« セミの一生 | トップページ | 訪問時間の争い »