« 金曜日の夕方 | トップページ | 町おこし »

2008年7月12日 (土曜日)

法テラス利用者

法テラスはお金のない人もリーガルサービスを受けられるよう、公益目的で設置された素晴らしい機関です。

しかし、現実には、その目的に反し、様々なかたちで不適切な利用者が多いように思います。

本当は正規の弁護士費用を支払う力があるのに、法テラスを「割引」のために利用する依頼者

引き落とし手続きをせず、費用償還を踏み倒す依頼者

無料相談であることをいいことに、何度も繰り返し同じ相談をする相談者

枚挙にいとまがありません。

私の個人案件でトラブルになるのもほとんどが法テラスを通じた依頼者で、法律上または道義上できないことを「銭もろとんなら、しっかりやれや!」と無茶を言ってくることが原因となっています。

国選弁護も同じような問題をはらんでいるでしょう。

貴重な財源を、こんな形で浪費するのは好ましくなく、本当に弁護士を必要とする人に援助が出る仕組みが再考されねばなりません。

国選弁護は1件の費用をどんどん下げて対応していますが、そうではなく、現状の、国選弁護費用は被告人に負担させない慣行を改め、裁判所の判断で一定の被告人に国選弁護費用を負担させ、国としてしっかり回収していく方向で制度設計していくべきではないかと感じます。

法テラスについては、なかなか相談・受任段階で依頼者が誠実な人かそうでないかは判別しきれない場合がありますが、目先の小銭に目がくらんで変な事件を受けないよう注意していかねばならないと思います。

|

« 金曜日の夕方 | トップページ | 町おこし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法テラス利用者:

« 金曜日の夕方 | トップページ | 町おこし »