« 総会悲喜こもごも | トップページ | 障害児童の文化祭 »

2008年6月27日 (金曜日)

ワールドカップアジア最終予選組み合わせ

ワールドカップアジア最終予選の組み合わせが発表されました。

この組み合わせは

Aシード 韓国とオーストラリア

Bシード 日本とイラン

Cシード サウジとバーレーン

Dシード 北朝鮮とウズベキスタン

Eシード カタールとUAE

で二つのグループに振り分ける方式でなされたようです。

まず、イランと同じ組にならないというのは、非常に大きなことだたと思います。

そのうえで、Aシード。

対戦相手としてはオーストラリアの方が嫌ですが、韓国は対日本の闘争心が強く、結局はどちらも難敵ということで、ここのくじ運は良いも悪いもないでしょう。

Cシードは、今年苦手のバーレーンとまた対戦するのは大変ですが、サウジよりはやりやすい相手のはずで、今度こそスッキリ快勝してほしいものです。

その点で、ここはくじ運に恵まれたというべきでしょう。

Dシードは、北朝鮮の方がチームとしては成熟していなさそうですが、やりにくさはあります。

ロシア系に近いウズベキスタンと対戦することは本戦を占う意味でも大きな経験といえますので、ここはウズベキスタンで当たりだったのではないかと思います。

Eシードは、チームとしてはUAEが有名ですが、カタールとは分が悪く、嫌な相手にあたった感じです。

全体的には平均点やや上くらいの結果でしょうか。

他方で韓国は死のグループに入ったと報道されています。

苦手意識のないオーストラリアと別組になり、難敵イラン・サウジ・UAEの中東勢とやりにくい北朝鮮。

日本と韓国はチームとしても、苦手相手も非常に似ていると思いますが、グループとシード階層が違うと大きく視点が変わるものだと感じました。

ともあれ、オーストラリア以外の3国は堅実に退け、危なげなく2位以内に入る展開を希望してやみません。

|

« 総会悲喜こもごも | トップページ | 障害児童の文化祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップアジア最終予選組み合わせ:

« 総会悲喜こもごも | トップページ | 障害児童の文化祭 »