« 「正確」を要求される労働法 | トップページ | 体のメンテナンスは大変だ! »

2008年6月 2日 (月曜日)

日本で取れるものを食べよう

コメの減反政策をどうするか、意見がわかれています。

一方で農家の利益を守らなければならない。非常に大事な利益です。

他方で限られた国土は有効に使うべき。世界的な食料不足の中で、日本も食料自給率をあげていかねばならない。この考えも至極正論です。

なんとかうまく両者が折り合うところはないものでしょうか。

こうなったのは、日本の食文化の異常が一因です。

コメとジャガイモくらいしか自給できない国で、外国産の小麦粉に依存した食生活が展開されたことがまず大きいです。

外国から好きなだけ食材が得られるこの時世だから良いものの、世界的な食糧難が訪れた際は、小麦粉なんか容易には手に入らず、コメとじゃがいも中心の食生活に戻ることは覚悟すべきでしょう。

このような事態はいつ訪れるかわからず、日本人らしく米を食べる習慣は失わない方がよいです。

とはいえ、食料が余る社会では、そのような意識改革は難しく、当面の方針は考えねばなりません。

現状では、税金を払ってまで土地を使うなと言っており、明らかに上記の対立利益の一方を後退させています。

使わない土地は、すぐに田や畑として再生できるわけではなく、荒れ地として、回復に多大な時間と労力と費用を要する状態となっています。

そういう風に土地の価値を損なうために税金を使うのであれば、米の輸出補助や他の作物のために使えないものか疑問で仕方ありません。

農家の利益を守ることが大事ですが、これを優先させつつ、国土を有効利用する手段は、税金の投入があれば不可能ではないと思いますので、今後ぜひその方向で話が展開することを希望します。

|

« 「正確」を要求される労働法 | トップページ | 体のメンテナンスは大変だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本で取れるものを食べよう:

« 「正確」を要求される労働法 | トップページ | 体のメンテナンスは大変だ! »