« 判例はいかに作られるか | トップページ | 買い物にはご注意を »

2008年4月17日 (木曜日)

イラク自衛隊派遣違憲判決

イラクへの自衛隊の派遣が違憲だが、派遣の差し止め自体は認めないという判断が名古屋高裁でなされました。

自衛隊が武力行使したり、戦争に参加したわけではないですが、

①イラクが戦闘地域に該当し、

②戦闘地域への給油活動等は戦闘行為との結びつきが大きい

という2大柱を根拠に自衛隊は戦闘に参加しているとして違憲の判断に至ったようです。

これが最高裁が判断すれば果たして同じ判断になるかは微妙ですが、画期的な判断であることには違い有りません。

妙なのは、その後です。

申立人は、裁判には負けましたが、主たる目的たる違憲判断をもらって政治に一石を投じることができ、下手に上告して最高裁で判断が覆る不利益を考えて、これ以上の不服申し立てはしないもよう。

逆に、国は裁判には勝ちましたが、やっていることは憲法違反だとのレッテルを貼られ、裁判に勝っているため不服申し立てができず、違憲判断を無視した活動を続けることになります。

何をもって勝ち負けがきまるかは主観的な要素が強いものですが、いろいろと複雑な問題をかかえる話です。

勝訴判決をとれば事件が解決するわけではない事件はいくらでもあります。

目先の勝ち負けではなく、真の事件解決は何かを常に考えながら仕事に臨まなければならないと改めて感じます。

|

« 判例はいかに作られるか | トップページ | 買い物にはご注意を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラク自衛隊派遣違憲判決:

« 判例はいかに作られるか | トップページ | 買い物にはご注意を »