« 先攻は有利? | トップページ | FF4 »

2008年3月 7日 (金曜日)

見えない相手にご注意を!

ネットでの発言は相手は見えないからこそ、その発言が大事であることに気づかない場合があります。

電子掲示板に「子供を殺す」と書いただけで、何千人に対する脅迫罪になりえるというのも驚きですが、さらに、この発言を受けて小学校の業務を妨害したとして、威力業務妨害まで成立するとなっては、とても悪ふざけでは済まされないことになってきます。

倖田來未のラジオ問題もそうですし、様々な著名人がテレビやブログでの不適切発言で人気を落とす事件が後を絶ちません。

大きな要因として、普段の会話と、こういう場での会話の使い分けが意外に難しいことが挙げられるでしょう。

私も修習生時代に、普段居酒屋で普通に話題になることを、クラスのメーリングリストに書いて、裁判教官にカンカンに怒られたことがあります。

法曹関係者しか見ることのできないメーリングリストよりも、一般人が耳にしうる居酒屋で発言する方がよっぽど問題だと思いますが、問題はそこにはなく、気のしれた、あるいは、すぐに訂正可能な距離にいる相手には、多少の問題発言があっても、大事にはなりませんが、メールでは、それを受け取ったひとがその発言をどう受け止め、それをどう流布するかわからない危険が大きいところにあるのでしょう。

公道で、「小学生殺してやる」と叫んだところで、本気かどうかすぐわかりますし、本気であっても、すぐに警察に通報するなどして、対処できます。

しかし、掲示板での投稿は、本気かどうかも、誰がどのようにどこで犯行に及ぶかも全く未知数で、対象は非常に畏怖し、困惑する点が重大な問題です。

いくら話術にたけ、憎まれない人柄でも、ネットではその真意がわからず、誤解され、激怒されるケースはいくらでも想定できます。

メールで法律相談、メールでリレー小説、メールで恋愛・・と様々なコミュニケーションを、相手の顔を見ずに行うケースが増えてきましたが、この場合、面と向かって話す場合よりも言葉や内容に細心の注意を払うべきですし、必然的に態度は保守的にならざるをえないのでしょう。

|

« 先攻は有利? | トップページ | FF4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えない相手にご注意を!:

« 先攻は有利? | トップページ | FF4 »