« 駐輪禁止場所に駐車? | トップページ | 契約は無限大 »

2008年3月23日 (日曜日)

浦和レッズはどうしたのか

サンガvsレッズ@西京極を見に行ってきました。

1-1で引き分けを予想していましたが、試合は思わぬ方向へ動きました。

前半20分ころ、レッズのエジミウソンが先制ゴール。

客席では「やっと点が入った」と泣き出した女性がいました。

先制点が入って気持ちよく歌い出したレッズサポーターですが、サンガに攻められると、歌をやめて大ブーイングを始めたのにはビックリしました。

試合全体を通じて「応援」が少なく、サンガがボールをもった時のブーイングの方がかなり多かった気がします。

気持ちはわかりますが、自軍の応援をさしおいてまで相手をブーイングする姿勢は日本ではあまり評価されません。

防戦の時間帯の多い今の苦しいレッズの事情が見えますが、それでも、こんなブーイングの多いサポーターを日本一のサポーターとは到底認められないなと思ったのが率直な意見です。

肝心のレッズのパフォーマンスを見れば、単発で攻撃チャンスを作るものの、セカンドエフォートが全くない。

1点目はアーリークロスから一発で決め、2点目はゴール前のゴタゴタをうまく沈め、3点目はファールが見逃された・・と、3得点といえども運の要素が大きなウェートを占めます。

今のレッズには、名の知れた選手はたくさんいますが、特別な選手はいません。

選手はそのことをもっと自覚して、もっとがむしゃらに走ってセカンドエフォートを狙わなければならない気がします。

それに対してサンガは左サイドを中心によく走って3点とったと思います。

本当はもっと大量点がとれたところを、決定力不足で逃してしまいましたが、昇格組としてはよく頑張っています。

観客数も今日のサッカーの試合の中で最高を記録するなど、いい感じで歯車が回っており、京都人として、うれしく思います。

今年のJリーグは特別な選手・チームがないため、努力が結果につながりやすいシーズンだともいえます。

そのあたりをしっかり見極め、totoに投資を検討してみたいと思います。

|

« 駐輪禁止場所に駐車? | トップページ | 契約は無限大 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズはどうしたのか:

« 駐輪禁止場所に駐車? | トップページ | 契約は無限大 »