« 日本酒 | トップページ | 阪急メンズ館 »

2008年2月 2日 (土曜日)

中国製品をどう見分けるか

つい先日自ら書いた記事に従い、特に冷凍食品は原産国をしっかり見るようにしています。

私の家の近くにある安さを売りにしている某コンビニは、野菜などは日本の産地を明記していますが、冷凍食品のほとんどは中国からの輸入品です。

安くて便利ですが、目先の数十円で寿命を縮めるのは全然お得ではないので、もうこのお店では冷凍食品は買わないようにしたいと思います。

野菜は国内産を売っているから、とか、水産物は中国から輸入するくらいなら日本で獲るだろう、という先入観は、中国製品をチェックする意識を鈍らせます。

機械の販売にあたっては、様々な検査を受けてから市場に出るシステムがある程度整っており、不慮の事故に遭う可能性は低くなっていますが、市場に出ている食品を食べたら、農薬を食べていたというのでは、食品の方が遙かに危険で、規制の必要な商品だといえます。

食品は単価が安いため、一律の規制を設けるのは困難であることを考えると、食の安全は自分で判断していかねばなりません。

そのためにも、スーパーやコンビニ、さらには、レストランや料亭も、HP等で原材料を明らかにしていかねばならないと思います。

これにより、中国産の安い材料でごまかしている業者が淘汰され、京野菜や但馬牛など、ブランド食品を提供するお店に人気が集中することが予想されますが、格差拡大社会ではそれもやむなしでしょう。

食品の原産地のマニフェストが、今後の食料品産業の方向性の鍵を握っている気がします。

|

« 日本酒 | トップページ | 阪急メンズ館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国製品をどう見分けるか:

« 日本酒 | トップページ | 阪急メンズ館 »