« グアム観光記① | トップページ | グアム観光記② »

2007年12月 5日 (水曜日)

Jリーグ入れ替え戦を観戦して

95年太陽が丘のブランメル戦

01年平塚競技場のベルマーレ戦

05年西京極のホーリーホック戦

と、これまでサンガの昇格試合には全て立ち会ってきました。

そんな今日は、当初は予定していなかったのですが、仕事がうまく片付いたため、入れ替え戦のサンフレッチェ戦を観戦してきました。

メンバー表を見て、FW中山MF中谷DF渡辺・・・現実のポジションとは違うだろう・・と思いきや、メンバー表通りのポジションでビックリ!

前半はこの右SB渡辺が大当たりで、次々と右サイドを突破し、2得点につなげました。

以前も、渡辺右SBは何度も試されては失敗してきましたが、この大一番で成功して、非常に良かったと思います。

後半に入っても怒涛の攻撃は続き、何度も決定的な場面を作り出します。

広島のスタメンは、広島ファンでない人でも知っているビッグネームがそろっていますが、J1最多失点は偶然ではなく必然であることがよくわかりました。

京都は中山がキープ・パスにアイデアあふれるプレーで攻撃のリズムを作り、中盤では中谷が相手の攻撃の芽を早期に摘み取り、結果として、先にあげた3人の配置が絶妙であったことが証明されました。

ただ、とれるべき時に点をとれなかったこと、終盤プレスがおろそかになると危険なプレーが増え、いつも通り失点も重ねたことはやはり課題として残り、今日「ほぼ決定」づけられた昇格を土曜日に持ち越すことになりました。

アウェーゴールのため、0-1で負けたら昇格できないのが嫌な感じですが、予想以上にいいかたちで最終戦を迎えられることに、ほとんどの観客は納得顔で帰路に着いていました。

さて、4回連続して昇格に立ち会うか、広島行きを真剣に考えなければならなくなりました。

|

« グアム観光記① | トップページ | グアム観光記② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ入れ替え戦を観戦して:

« グアム観光記① | トップページ | グアム観光記② »