« 形式が大事なモノ | トップページ | お食事の時間帯 »

2007年12月 8日 (土曜日)

リードを守りたい。だからこそ攻める!

Jリーグ入れ替え戦第2試合はスコアこそ0-0でしたが、しびれた試合でした。

勝敗の鍵は交代選手の起用でした。

勝たなければいけない広島は、ボランチがネックだったと感じたのか、戸田を外して森崎(和)を本来の中盤に戻し、長身DFを入れてきました。

この采配が功を奏し、前半は広島が一方的に押し込む展開となります。

攻勢に出ながら点が取れない広島は、ハーフタイムにサイド攻撃を厚くする交代をします。

ここまでの広島の采配に敗着はありません。

逆に京都は、選手は替えずシステムを4バックから3バックに変えてきました。

これには広島の選手はさぞかし驚いたでしょう。

中盤を支配し、相手にチャンスを作らせない京都の方針が当たり、京都が前半の劣勢を押し返したことを見る限り、ハーフタイムの采配は京都が上回っていました。

さらに、この試合最大のサプライズは、引き分けで良い京都がボランチを下げてFWの選手を増やしてきたこと。

その背景には、リーグ戦で何度も「1点を守りきれば良い」試合を落としてきたことがあります。

広島から見れば予想していない布陣に驚いたことでしょう。

その後も京都は攻撃的な選手を入れますが、これも疲れたFWに代えて前線を活性化させる意図があったのだと思います。

広島もFWを代えて攻撃のリズムのチェンジを試み、何度か決定的なチャンスをつかみますが、ゴールには至らないままロスタイムへ。

長身DFをあげてパワープレーに出る広島の戦略を見透かしたかのように、ここで満を持して千両役者秋田登場。

ポストにすくわれたシーンがあったものの、しっかり逃げ切り、京都はリーグ戦の度重なる悪夢を振り払い、J1に昇格を決めました。

攻撃的に行ってほしい、とは考えていましたが、現実にそれを実現するのは決して容易なことではなかったはず。

それをしっかり実現し、昇格を果たした京都には、これまでのように悠々トップで昇格し、翌年降格する姿はイメージできません。

ぜひ、J1に残留できる最低限度の成績を確保しつつ、今度こそ長期的な視野でチームを作っていってほしいと思います。

それに対して、降格する広島は若手中心の好チームだっただけに、主力選手の流出が心配されるところ。

降格を契機にチームが大幅に弱体化というのは毎年あることですが、今年の広島は主力選手が根こそぎ流出する危険もある状態で、大変そうです。

金やスポンサーの意向ではなく、選手本人の意向が十分に通用するオフになってほしいと願います。

|

« 形式が大事なモノ | トップページ | お食事の時間帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リードを守りたい。だからこそ攻める!:

« 形式が大事なモノ | トップページ | お食事の時間帯 »