« 何が典型契約? | トップページ | 着手金0円事件の思わぬ問題点 »

2007年11月 2日 (金曜日)

記録よりも少しでも確実な勝利

昨日の日本シリーズでパーフェクトピッチングだった山井投手を9回岩瀬に交代した采配の是非が語られています。
この話題は、昨日とりあげようと思ったのですが、一日様子を見て、色々情報や争点が見えてきました。
山井を続投させるべきだったとの意見の根拠は
・せっかく大記録を達成する機会だったのに
・ホームランバッターには回らないので、ヒットを打たれた段階で交代すれば十分
・パーフェクトピッチングの山井より岩瀬が上だと断定できない
・岩瀬が打たれて同点にされた際、後がなくなる
岩瀬交代を肯定する意見の根拠は
・1点勝負なので最も確率の高い作戦を採用するのは当然
・流れが重要な短期決戦では勝てる試合にきっちり勝ちきることが大事
・シーズン中、岩瀬投入が遅れて落とした試合があり、これによってセリーグ制覇を逃した
・山井自身が交代を申し出た
・チームのためにも看板クローザーで締めくくるのが一番
山井がどういう理由で交代を申し出たのか、マメがつぶれたなどのアクシデントか、それとも岩瀬に遠慮したのかにもよるでしょうが、私は、ヒット1本打たれるまで続投させ、ノーノーがなくなったらその段階で岩瀬投入、でよかったのではないかと思います。
念のため述べると、落合監督の決断を批判する気は全くありません。
「確実にこの試合を勝ちきる」「確実な勝利の前では、記録や後のことは考えてはいけない」「岩瀬でまけたらしゃーない」という意識を徹底し、選手にもその意識を浸透させ、勝ちきったドラゴンズは、近年の優勝チームの中でも記憶に残る存在になると思います。
セリーグの強豪でありながら、日本シリーズで敗れ続け、今年も優勝候補筆頭でありながら、リーグ2位に甘んじた結果を打ち破った瞬間でしょう。
山井の交代問題は賛否両論がありますが、シーズン自体は良いかたちで大団円を迎えたと思います。

|

« 何が典型契約? | トップページ | 着手金0円事件の思わぬ問題点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記録よりも少しでも確実な勝利:

« 何が典型契約? | トップページ | 着手金0円事件の思わぬ問題点 »