« 連帯保証人って | トップページ | 詐欺を異常だと思える環境 »

2007年11月18日 (日曜日)

引き分け狙いの闘い

Jリーグは佳境にさしかかり、勝敗により天国と地獄が別れる大変な状態となっています。

J1大宮は勝てば残留ほぼ濃厚ですが、甲府に負ければ自動降格が見えてくる

J1甲府は勝てば残留が見えてくるが、負ければ16位以下が確定する

J2札幌は勝てば昇格が確定するが、負ければ残り試合勝っても昇格できない可能性が大きくなる

J2京都は勝てば自力昇格の目が広がるが、負ければ他チームの抜かれて昇格絶望のおそれがある

そういった天国と地獄の狭間で、試合は結局ドロー。

リードしている側は、追いつかれて本気で守る。

リードされている側は追いついて気が抜ける。

計算上はドロー狙いはおいしくないのですが、サッカーは無意識的にドロー狙い、ドローに落ち着く試合運びに流れていくのかと思います。

引き分けで終わって、観客がどう思うかわかりませんが、私はあまりスッキリせず、決着つけろよ、と思います。

サッカーに引き分けが多いのは決着をつけるのが困難だからです。

バスケなどは、引き分けになる確率は低いですし、野球やバレーなどは、引き分けになっても延長戦で比較的すぐに決着がつきます。

しかし、サッカーは延長戦を行ってもいつ決着がつくかわからず、その間の選手の負担が大きいうえ、PK戦などで決着をつけるのも違うだろう、という悩ましい事情があるのでしょう。

どんなスポーツでも、長い試合時間の中で安定した試合運びを求める時間帯がありますが、サッカーは最後まで大きく試合の流れが安定したまま、という試合が多いような気がします。

サッカーは個人的には小学生からやってきた大好きなスポーツですし、世界でも最も愛されているスポーツですが、決着をつけにくい→まぁ、引き分けでええやん、という運用になっているのはいささか残念です。

話は全くかわりますが、野口みずき、浅田真央・・女性のトップアスリートは本当に強いな、と感心します。

闘るからには勝つ、そういう意識を持っている人は見ていてスカッとしますし、自分もそうありたいと思います。

|

« 連帯保証人って | トップページ | 詐欺を異常だと思える環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引き分け狙いの闘い:

« 連帯保証人って | トップページ | 詐欺を異常だと思える環境 »