« まさか、赤福まで! | トップページ | 違法駐車取締のポイント »

2007年10月20日 (土曜日)

1枠あける

セリーグのクライマックスシリーズ第2ラウンドは中日の完勝で終わりました。

これは、このブログでも以前、予想していたことでしたが、中日のメンバーを見ていてふと気づいたことがあります。

このクライマックスシリーズでは、7番センターに、一昨年甲子園を沸かせた大阪桐蔭出身の平田選手が入っています。

今年は堂上兄が試合出場を重ねるなど、中日は結構、若手選手の起用を積極的にするな、と感じます。

阪神では今年、期待の桜井がようやく台頭してきましたが、激戦の外野の選手が相次いで怪我や不振に見舞われたからで、偶然出場機会に恵まれたともいえます。

松井がいた時の巨人などは、全て他チームから引き抜いてきたり、ドラフト上位で獲得した有名選手で固められ、若手選手がわりこむ余地はほとんどありませんでした。

その年優勝するためなら、1番から9番まで、ドラフトの目玉と他チームのエース級の選手で固めれば良いのかもしれませんが、将来も見越して安定した強いチームを作るには、中日のように若手が試合に出られる1枠をあけておくべきだと思います。

現実に巨人は選手の入れ替わりがうまくいかず、昨年まで暗黒時代が到来しましたし、阪神も主力選手が高齢化してきてますので、打線からどんどん暗黒時代に入っていく予兆があります。

私は母校の関係で、高校バスケをよく見ますが、高校バスケ界の名門校のスタメンの構成を見ていると、

3年の特待生2人+2年の特待生2人+もう一人

という構成が多いことに気づきます。

バスケでは、優秀な中学生を特待生として迎えいれるのは、1学年にせいぜい2人が現実的なところであり、2,3年の特待生は是が非でも国内トップレベルの選手に育てあげる。

しかし、特待生でなければ試合に出られないのでは、その他の選手が集まらないし、有能な選手を活かすためにも、地道に汗をかける選手もコート上の必要等の理由から、特待生外からでも、1番頑張った選手にスタメンの座を勝ち取る機会を与え、チーム全体の士気をあげていく意図なのかな、と思いました。

スタメン全員が有力選手のチームは、その時点では非常に強いでしょうが、チーム内部で、スタメン以外の選手の士気も実力もなかなかあがりにくいのだと思います。

チームとしての勝利を求める以上は、そういった現在有力な戦力でない選手にも将来スタメンを勝ち取れる機会を準備し、士気をあげていくことが大事なのでしょう。

阪神、巨人、ソフトバンクあたりは来期の戦力構想にあたって、もう少しこの点を検討してみても良いように思います。

|

« まさか、赤福まで! | トップページ | 違法駐車取締のポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1枠あける:

« まさか、赤福まで! | トップページ | 違法駐車取締のポイント »