« 弁護士が入って不利になる? | トップページ | 劇的な結末は「なんでもないところ」の戦い方次第 »

2007年10月13日 (土曜日)

金曜日と土曜日

西天満は法律事務所街。

ビルには数多くの法律事務所が看板を構えています。

そんな西天満の金曜日と土曜日のお話。

月曜から木曜までは日が変わっても燦燦と輝く法律事務所は多いですが、金曜日は11時頃になると西天満はかなり暗くなります。

普段忙しい弁護士も金曜日くらいはゆっくり酒を飲みたいのでしょう。

かわって、土曜日の昼から夕方にかけて、また、西天満は輝きだします。

金曜日にできなかった仕事、まとまった時間に一気にやりたい仕事、土日しか打ち合わせに来られない依頼者の接客など、いろいろやることがあるからでしょう。

週休二日といえど、金曜は早く帰り、その分土曜日にせっせと仕事をするのもおかしな感じはあります。

知人との飲みや依頼者の都合など、他人との関係上の理由もあれば、金曜日はへとへとで体力的にきつい、自由に仕事ができる土曜日の方が精神的に楽だという自分の理由もあります。

そんな私も、もう何週連続で土曜日出勤したか数え切れませんが、確かに金曜の夜に強制的な仕事の予定が入るよりいろんな意味でよかったとは思います。

御堂筋を挟んだ先の北新地では、金曜、土曜とネオンが輝きますが、日曜日はゴーストタウンになります。

西天満も金曜の夜だけでなく、土曜・日曜もゴーストタウンになる日は来るのだろうか・・

|

« 弁護士が入って不利になる? | トップページ | 劇的な結末は「なんでもないところ」の戦い方次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金曜日と土曜日:

« 弁護士が入って不利になる? | トップページ | 劇的な結末は「なんでもないところ」の戦い方次第 »