« 人材育成は難しい | トップページ | 南森町vs福島vs本町 »

2007年10月 7日 (日曜日)

問題はどこにある?

天皇杯で、いよいよJリーグチームが出てきましたが、J2で昇格争いを繰り広げる上位4強が揃って控えメンバーで敗戦し、残りの9チームが勝つという珍事がありました。

この事件は、決して「昇格争いをしているからといって天皇杯を手抜きするなんてけしからん!」の一言ですまされる問題ではないと思います。

サッカーは1試合行うのに相当のエネルギーを要するものなので、1週間に移動を含めて2試合行うと、非常に選手が疲弊します。

そんななか、リーグ戦・カップ戦・トーナメント戦と異なるタイトルのスケジュールが年末に向けて入り乱れるこの時期はチームによっては非常にタフなスケジュールになりがちです。

観戦に訪れる観客は当然有名選手のいいプレーを見に来ているので、リーグ側はベストメンバーで試合に臨むよう各チームに通達を出しますが、そもそも「ベストメンバー」とは何か?「レギュラーメンバー」とはっきり明示した方が良いのではないかというもんだいがあります。

浦和のように全てのタイトルをねらうチームは、全試合レギュラーメンバーに近いチームを出して来るのでしょうが、川崎のようにリーグ戦はもはや優勝も降格もまずありえない状態にあれば、ACLに全力を注ぎたいのは当然の希望ですし、J2の上位4チームが、獲得の見込みの少ない天皇杯は若手の練習試合にして、今年の昇格に全力を尽くすのも当然の考えです。

その思惑は正当なサポーターであれば理解しているはずで、リーグや協会が介入すべき問題ではない気もします。

しかし、まがりにもJ1にあがろうとするチームでプロサッカー選手をしている人が、大学生やアマチュア選手相手に押し込まれ、敗戦するというのも情けない話で、問題はそこにある気もします。

プロ契約したからといって、決してアマチュアと一線を画する存在ではないのが日本のプロサッカー界の現実なのでしょう。

今日の上位4チーム揃い踏み敗戦は週明けに何らかの問題提起がなされそうですが、どこに真の問題点があるかしっかりと把握した回答を出してもらいたいものです。

|

« 人材育成は難しい | トップページ | 南森町vs福島vs本町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題はどこにある?:

« 人材育成は難しい | トップページ | 南森町vs福島vs本町 »