« 公の評価を受ける言論 | トップページ | 主文 原告の請求を却下する »

2007年9月 4日 (火曜日)

は~んし~んタイガ~ス!

今日はリラックスがてら、仕事の後甲子園で阪神ー横浜戦を見てきました。006

これまで阪神戦を見るのはどうしても、土日のバックネット裏チケットが手に入った時とか、京セラドームが多かったのですが、機会あって平日のナイターに行ってきました。

仕事を終えて事務所を出たときはもう1回裏に入ったところで、こりゃ着いたら5回くらいかなと思いきや、3回裏の阪神の攻撃に間に合い、思っているよりも大阪と甲子園は近いのだと再認識、折角これだけの立地なので、もっと時間を探して観戦に行くべきだと思いました。

平日とあってさすがの阪神戦もチケットが余っていましたが、三塁側アルプス席以外はおおむね大入りで、マスコットバットを叩いて選手の名前を連呼するのも楽しい(お客が少ないとむなしいですしね)いい雰囲気でした。

メジャーに大物選手を次々と輩出し、レベル低下に伴う野球人気の低迷を懸念する声もよく聞きますが、やはり野球は日本で一番愛されているスポーツ。

ちょっと男仲間で楽しむにも、ビールを飲みながら観戦するのも、野球が一番楽しいという文化が形成されている感じがします。

阪神タイガースは決して、清原全盛期の西武や、松井全盛期の巨人のような圧倒的な力はありませんが、もはや関西の欠くべからざる歯車として、しっかりと根付いた文化であることがはっきり見てとれました。

好プレーに歓喜し、失策にブーイングし、盛り上がりどころで一体となって盛り上がり、試合後は勝っても負けても試合や選手の話を肴に酒を飲んで盛り上がる、そういう文化に恵まれた地方というのは非常に幸せなことだと思います。

これに手をつけようとして弾かれた村上ファンドなどはまさに神に見えざる手によって導かれた感じもします。

豊富な資金力を背景に次々と新たなエンターテインメントが生み出され、「最新」ブランドに弱い飽き性の日本人に対して一つのエンターテインメントで永らく利益を得るのは非常に困難なこの時勢ですが、だからこそ、野球文化のすばらしさは際だっています。

このスポーツが世界的にあまり認知されていないのが非常に残念ですが、国内限定の文化であったとしても、末永く繁栄してほしいですし、少しでもそれに貢献できれば嬉しい限りです。

セリーグは大都市3強が予想通りの混戦に、パリーグは数年前まで知名度の低かった球団が根気強い活動で、人気が定着しつつある状態にあります。

今期の今後の展開は見逃せません。007 016

|

« 公の評価を受ける言論 | トップページ | 主文 原告の請求を却下する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: は~んし~んタイガ~ス!:

« 公の評価を受ける言論 | トップページ | 主文 原告の請求を却下する »