« ニュースの見方 | トップページ | DQはゼルダをこえられるのか »

2007年9月16日 (日曜日)

使われ方は環境次第

今日の阪神ー中日戦を見ていて、ふと、立場が逆だったらということを考えました。

阪神が先発中田で2点リードしていたら、岡田監督は間違いなく7回からJFKを投入しえいたでしょう。

昨日も、無失点の安藤に、6回0-0の状態で代打を出したこともあり、先発の役割は5回まで(できれば6回までしのいでくれ)というのが阪神の今の戦術です。

井川が抜け、その他に先発完投型の投手が少なく、怪我もかかえているという状況では、前半はなんとかしのいで後半は継投で逃げ切るしかないのでしょう。

これだと、先発投手はとりあえず5回までなんとかしのげば後はチームメートがなんとかしてくれる、という余裕も生まれ、不調であったり、怪我をかかえていてもがんばれる環境が形成されています。

同じプロ野球球団でも、入る球団によって先発が完投を求められたり、逆に中継ぎが毎日登板を求められたり、と、起用のされ方はさまざまで、自分の能力とチーム方針が合わなければなかなか台頭が難しいということも予想されます。

そう考えると、楽天の田中投手は絶妙の環境にめぐり合えたといえるでしょう。

1年目から先発で活躍の場を与えられ、優勝争いにほど遠いプレッシャーのない中でのびのびと投げさせてもらえる、ちょっと調子が悪かったり打たれた程度では何ら処分や不都合はなく、精一杯自分の力を試しながら成長できる最高の環境です。

早稲田大に進学した斉藤投手も、学校の伝統やOBのさまざまな思惑に害されることなく、1年からエースとしての役割を与えられ、周囲の期待に応えようとがんばるたびにさらに成長するいい環境にあります。

二人とも他の環境でこれほどの成長の場を与えられたかどうかはわからず、この二人の今の状況は神の見えざる手によってしかるべき場所に導かれた感じがします。

もうすぐ今年の高校生ドラフトが行われますが、高校生は自分で環境を選べないからこそ、よりいっそう、いい縁にめぐり合ってほしいという思いが強いです。

今年も高校生ドラフトは粒ぞろいですので、できるかぎり多くの選手がよい環境に恵まれ、日本野球界の底上げに貢献してくれることを期待します。

|

« ニュースの見方 | トップページ | DQはゼルダをこえられるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使われ方は環境次第:

« ニュースの見方 | トップページ | DQはゼルダをこえられるのか »