« 法の欠缺にどう向き合うか | トップページ | 春将軍 »

2007年8月10日 (金曜日)

お初天神周辺のランチタイム

西天満は「石を投げれば弁護士にあたる」とまでいわれる法律事務所街ですので、ランチ業界もさぞかしにぎわっているだろうと思われがちですが、実はそうではありません。
私の事務所のあるビルに入る焼肉屋はランチタイムの営業をやめ、深夜営業主体にきりかえました。
また、チェーン店で有名なカレー店も閉店し、ランチ営業の縮小がすすんでいます。
そういうわけで、ランチに出ればますます弁護士に出会う可能性が高くなり、せめて昼休みは仕事の話から離れてゆっくりしたい私は、ちょっと外れた場所へランチに出掛けることが多いです。
普通の人なら、ランチで重視するのは「値段」と「味」または「ボリューム」で、ラーメンやカレーのチェーン店に人気が集まるのでしょうが、私の場合、「待ち時間の少なさ」と「栄養バランス」を重視するため、並ばずに入れて、カロリーが低く野菜のある定食屋を選択しがちです。
今日は、私がよく行く店の中から、お初天神で良いと思った店を紹介したいと思います。

卯之家曽根崎店http://www.ohatendori.com/shop/4/unoya/main.html
騒々しいお初天神通りとは対照的に落ち着いたお店です。
お米や豆腐にこだわりがあり、ご飯などはおかわり自由であるほか、食後のアイスコーヒーまで出てくるサービスの良さ、チキンの大きさには満足しますが、表のメニューでは具だくさんの汁物がセットでついてくるような感じなのに、現実に出てくるのはむしろただの味噌汁に近いものなのが残念。

一季http://www.ohatendori.com/shop/5/ikki/main.html
お初天神の近くのビルの2階で、場所がわかりにくいせいか、やや客数は少なめ。
サラダ付きオムライスwith大きな鶏肉は、満足度の高さはもちろんのこと、「えっ、これでこの値段?」という安さも魅力

なかの家http://r.gnavi.co.jp/k258803/
高級な雰囲気で、昼からこんなところに来ていいのかと恐縮してしまいがちですが、リーズナブルな値段で豪華な丼と麺のセットを賞味でき、得した感じになれます。
材料も厳選素材を使っているようで、味の面でも高得点がつけられます。

客の多いランチタイムはかきいれ時のようで、あまり儲からないようで、どうしても、ランチタイムの営業を削ったり、お店の宣伝の意味でランチ営業する意味合いが濃くなっています。
限られた昼休みを有効活用するために、コンビニや安くて早い店に人気が集中し、少し高いお店、少し遅いお店は敬遠されがちなこと、ランチ営業のためには早朝からの準備が必要になること、ランチタイムは殺人的な忙しさになり、アルバイトの確保が困難であることなどが問題で、ある程度高級なメニューを提供できるお店は、夜の営業に限定して営業した方がコストパフォーマンスが良いのでしょう。
この流れでお昼時に開いているのはファーストフードとコンビニだけ・・となっては大変です。
忙しい中でもおいしいランチのお店を開拓していく気持ちが、ランチ文化の存亡にかかわってきそうです。

|

« 法の欠缺にどう向き合うか | トップページ | 春将軍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お初天神周辺のランチタイム:

« 法の欠缺にどう向き合うか | トップページ | 春将軍 »