« 弁護士業界の今後 | トップページ | 見えてるのに遠い »

2007年7月21日 (土曜日)

日本の意地

因縁のサッカーオーストラリア戦はPK戦の末、日本が雪辱を果たしました。

オシム監督の談話のように、終始日本が主導権を握ったゲームだったと思います。

日本が主導権を握ることができた要因はいろいろありますが、一番の印象は選手がよくボールを追い、闘志を出していたことです。

ジーコジャパンは技術的には高い選手が多かったですが、今回の代表に選出されず、国内の試合に出ている選手らの中には、あまりやる気を感じないプレーをする選手がいました。

オシムジャパンは地味だとよく女性ファンに言われていますが、その分、よく走って頑張っている姿が目につきます。

よく走って、相手にプレスをかける、ルーズボールを奪う、この積み重ねが、攻撃回数の増加につながり、流れをよくしていました。残念ながら、決勝点はあげられませんでしたが、内容的にはかなり高い評価を与えて良い試合だったと思います。

しかし、だからといってオーストラリアと肩を並べたとはまだいえません。

オーストラリアは初めてアジアの大会に出場したことや、前の試合からの移動距離が長いこと、チーム状況もモチベーションもそれほど高くないこと、など、かなりの数のマイナス要素があげられます。

来るワールドカップ予選では必ず大きなライバルになるであることを選手らが認識したことこそ、最大の収穫とおいうべきかもしれません。

難敵を撃破したので、まずは、この大会はぜひとてほしいと思います。

優勝の名誉よりもコンフェデレーションズカップの出場権が大きいと思います。

久しぶりに代表戦で熱くなれる時期が来た感じです。

|

« 弁護士業界の今後 | トップページ | 見えてるのに遠い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の意地:

« 弁護士業界の今後 | トップページ | 見えてるのに遠い »