« 法律上の請求原因を構成しない言い分 | トップページ | 書面があれば足りるというものではない »

2007年3月15日 (木曜日)

充実は疲れを忘れさせ・・

今週はまた連日夜が遅く、かなり疲弊しています。

朝ゆっくり寝て、昼過ぎから出勤したい気分です。

しかし、そのような我が儘は通らず、朝、体をひきずって出勤します。

疲れているとあまり仕事はしたくありませんが、多量の仕事を前に立ち止まるわけには行かず、腹をくくって仕事を始めます。

不思議なことに、最初はしんどい仕事でも、次々とこなしていくうちにリズムが出てくるのか、勢いにのってしまえば、疲れを忘れてしまいます。

逆にダラダラと仕事をしていれば、疲労は頭から離れません。

疲労や睡魔は人間の永遠の敵ですが、充実・没頭はこれに対する大きな対抗手段となるようです。

とはいっても、これは疲労自体を回復させるものではなく、一瞬忘れさせるだけのものにすぎません。

栄養ドリンクなども一時的に疲れを忘れさせるものにすぎないものがほとんどです。

本当に自分が疲れていることは最後には忘れてはならず、しっかり休養はとる必要があります。

休日は疲れでついダラダラしがちですが、必要な休養を確保すると同時に、必要以上にダラダラしすぎず、何か自分のやりたいことに没頭することも大事だということでしょう。

私も、疲れていても、一日中寝るのは控えようと思います(当然か?)。

|

« 法律上の請求原因を構成しない言い分 | トップページ | 書面があれば足りるというものではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 充実は疲れを忘れさせ・・:

« 法律上の請求原因を構成しない言い分 | トップページ | 書面があれば足りるというものではない »