« 暇が一番嫌い | トップページ | どこもかしこも飲酒運転対策 »

2007年1月 3日 (水曜日)

わずかな差

正月はスポーツ全盛の期間。様々なスポーツで全国大会が行われています。

勝者がいれば敗者がい、必ずトーナメントの決着はつけねばなりません。

サッカーなどでは、PK戦で決着がつく試合が多いですが、PK戦でのワンポイント差ほとんど実の差を裏づけず、一定の実力差の間の勝負では、ほとんどくじ引き同然です。

そんなわずかな差を競って、全力で競技にとりくむ選手にはいくら拍手をしても足りないくらいです。

そんな私は今日、午後はゆっくりライスボウルを観戦しました。

結果的にTFP1本の差の試合でしたが、法政大のこの試合への取り組みのすごさは試合という発表結果だけ見てもよくわかるものでした。

今はどこもかしこもショットガン時代やな、とか、両チームともミス多いな、とか、久しぶりにじっくり観戦したアメフトの感想も色々ありますが、この試合は法政の試合への真摯なとりくみ→後半ついに逆転もTFP失敗→DLが力尽きてTDとられ逆転される→オフェンスチームは攻撃ターンが回ってくることを信じて準備したが、OSにたくみに時間を使いきられた、という流れが印象的で、身体能力差はありましたが、それを他のものでカバーしたこと、しかし最後は微妙な差が攻撃ターンの確保を裏付けたこと、いずれもスポーツの面白みと非情さを味わえた感じがします。

そういう微妙な差で負ける非常に悔しく、そのような思いをしないためにも日々のたゆまぬ努力は大切なのだと改めて感じました。

|

« 暇が一番嫌い | トップページ | どこもかしこも飲酒運転対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わずかな差:

« 暇が一番嫌い | トップページ | どこもかしこも飲酒運転対策 »