« 内容よりも日付が大事? | トップページ | 国民年金は誰が支払うか? »

2006年12月26日 (火曜日)

大阪弁護士会会員検索サービス

大阪弁護士会会員検索サービスの方式が変わり、私のプロフィールや取扱分野も色々と公表されるようになりました。

経歴に能力がついていっていない現状では、やや重荷に感じるものですが、普段の仕事を普通にこなしていては中々自らの向上は望めず、ここらでもっと頑張る契機が必要とも感じています。

このプロフィールを見た人は、私のことをさぞ凄い人だと感じてしまうかもしれない、その見られるイメージに自分を近づける努力をしないと将来生き残っていけない、そういった意識をもって日々仕事をしていかないといけないと最近よく感じます。

とはいっても、決して弁護士の資質はこういったプロフィールに現れるものではありません。

どれだけ依頼者に納得してもらえるか、まずはそこにあると思います。

弁護士大増員の時代になり、生存競争が激しくなるなか、機械的な流れ作業をこなすだけでは、過去の大きな遺産がない限り、生き残っていくことは困難でしょう。

そのためには、机にかじりついただけのガリ勉君はもはや通用せず、人間的な魅力のある人が生き残るのだと思います。

そう考えると、弁護士の力量とは、難事件でもてきぱきとこなす明晰な頭脳と的確な事務処理能力を有するスーパーエリートとしてのクールなイメージと、それとはイメージ的に全く逆の、温厚で人間味溢れ、信頼して何でも話せついていける包容力のある人というイメージの双方の総計できまるような感じを受けます。

この一見して相反する要素をいかに日々バランス良く磨いていくかがイソ弁時代は大事ですが、なかなか難しいものです。

今年も反省することばかり・・来年こそ本気で頑張らねば・・

|

« 内容よりも日付が大事? | トップページ | 国民年金は誰が支払うか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁護士会会員検索サービス:

« 内容よりも日付が大事? | トップページ | 国民年金は誰が支払うか? »