« プリペイドカードとクレジットカード | トップページ | 仕事を極めるのもほどほどに »

2006年12月17日 (日曜日)

インテルナシオナルはなぜ勝てたか

クラブワールドカップ決勝はおおかたの予想に反し、インテルナシオナルがバルセロナを倒して優勝しました。

試合内容は、インテルナシオナルがバルサの猛攻をしのいで、終了間際のワンチャンスを活かすという下克上にありがちなものでしたが、バルサの敗戦はヨーロッパではショッキングなニュースとして今も流れていることでしょう。

バルサは今シーズンは不調といえども、準決勝では北米代表チーム相手に4-0の快勝。

調子の問題がなければ、インテルナシオナルにも格の違いを見せられるt考えられていました。

対して、南米チームは気候の変化など、トヨタカップでは常に不利と言われ続けており、容易に勝算は見いだせないと思われていました。

欧州代表は既に名の売れた選手がチームとそのスポンサーを世界にアピールする、南米代表はチームよりも若手有望選手が、有力チームにその存在をアピールする、とも言われているほどで、勝敗は決しかけていると毎年言われています。

まあ、方やワールドカップ出場選手を多数擁し、方や、全く世界的に無名の若手ばかりというのではそれも無理はありません。

しかし、総合的な対戦成績はほぼ互角、最近では南米のほうが勝率が高いという結果も残っています。

その一つの要因はモチベーションだと思いますが、この他に、今日の試合を見ていて「エースへの依存度」も大きな要因ではないかと感じます。

バルサは世界トップレベルの選手で、他チームならエース級の選手を多数擁しながらも、ほとんどのオフェンスプレーはロナウジーニョを通して行います。

特に前半はほとんどの攻撃がロナウジーニョからのラストパスまたはロナウジーニョのシュートでした。

絶対的なエースがいるばかりに、エースを通じた攻撃に集約されがちというのは、有能選手が集められたチームではありがちで、逆に守備としては、ロナウジーニョへのマークに注意を払っていれば、個人技でぶち抜かれない限り、大崩れはせず、ひやっとする場面はあっても、守備の安定は保てます。

逆に絶対的エース不在のインテルナシオナルの攻撃は、常に広い視野で全体を余すことなくピックアップする必要があり、90分通して大変な仕事になります。

得点シーンも、その疲れによって生じたわずかな隙からカウンターで数的不利となり、やはり的をしぼれず決定的シーンを許してしまったという感じです。

現実味のない話かもしれませんが、絶対的エースがいても、その他の選手も十分に有能なら、あえてエースをデコイに使い続けて、他の選手でかき回すというのも、時には有効な戦術になると思います。

それにしても、格下チームが格上チームをセットアップするのは、倒されたチームが贔屓のチームであっても、心地良いものがあります。

それが可能なのも、サッカーがそういうスポーツであり、そこにサッカーが世界中でずっと愛され続ける所以があると思います。

|

« プリペイドカードとクレジットカード | トップページ | 仕事を極めるのもほどほどに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インテルナシオナルはなぜ勝てたか:

» インテルナシオナウが優勝:FIFAクラブ・ワールドカップ・ジャパン2006 [ブラジルのサッカー ESPORTE]
恐らく、世界中のメディアの殆んどは、ロナウジーニョ率いるバルセロナが優勝すると思っていただろう。しかし、それがかえってインテルナシオナウ(インテルナシオナル)に良い結果をもたらしたもたらした。バルセロナは強いプレッシャーを感じていたのかもしれない。 [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月曜日) 13時12分

» キャベツダイエットでメタボリック予防 [メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の予防・治療]
このごろ、キャベツダイエット法が大変効果があるみたい!」というウワサを耳にします。テレビでも紹介されましたので、知っている人も多いのではないかと思います。簡単で効果バツグン、という評価のようですね。これなら自分もやれるのでは?と思わせてくれるダイエット法だと思います。何しろ、どこにでも売っているキャベツを食べるだけですから。なにがキャベツダイエットの良いところかと言いますと、お手軽で経済的ということがあげられます。いつも食べている野菜ですので、無理なく誰でもダイエットにチャレ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水曜日) 20時27分

« プリペイドカードとクレジットカード | トップページ | 仕事を極めるのもほどほどに »