« 新型ウィルスの脅威 | トップページ | インテルナシオナルはなぜ勝てたか »

2006年12月16日 (土曜日)

プリペイドカードとクレジットカード

石橋を叩いて渡る私としては、クレジットカードよりもプリペイドカードがいいなと良く思いますが、世間ではクレジットカード時代の大到来です。

私鉄の電車賃の精算に使えるピタパは非常に使い勝手の良いものですが、私はJRよりも私鉄の方を多く使うのにイコカを使ってます。

携帯電話のクレジットカード機能も開始されますが、これからますます、翌月に思わぬ請求が来て困る人や、名義貸しの問題が起こると思います。

しかしまぁ、人は尻に火がついて本気を出せる生き物。

今を精一杯楽しんでそのツケを必死に返済していくのが普通の生き方なのだと感じます。

国や夕張市の借金問題にも同じようなことを感じます。

ただ、私は、せっぱつまるのは嫌なので、できる限り将来のツケはしたくなく、仕事も前もって余裕をもって仕上げたいと考えています。

それはそれで、破綻のない平和な生き方なのでしょうし、そこまで余裕が持てなくなると、将来にツケて後で必死に頑張ることにあるのだと思います。

消費者金融問題の陰でこのように必死に頑張っている人は星の数ほどいます。

弁護士の仕事としては、破産申し立てが一番簡単で、任意整理や個人再生が不可能ではない状態でも破産を勧める弁護士も増えているようなのですが、安易に破産して借金をなくせばいいというわけではなく、借金をできる限り返していくアドバイスをするのも大事な仕事だと思います。

できる限り、将来にツケを残さないこと、自分がツケたものは自分で必死に返済すべく努力することが、今大事で、やや忘れかけられている現状に不安を感じます。

|

« 新型ウィルスの脅威 | トップページ | インテルナシオナルはなぜ勝てたか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリペイドカードとクレジットカード:

« 新型ウィルスの脅威 | トップページ | インテルナシオナルはなぜ勝てたか »