« 仕事を極めるのもほどほどに | トップページ | 癒し、癒される関係 »

2006年12月19日 (火曜日)

年賀状の枚数が年々減少

年賀状の発行枚数が年々減少しているようです。

その理由として考えられているのは、①電子メールの普及②個人情報保護法対策だと言われています。

私も今週は仕事から遅く帰っては、なんとか寝る前に1日10枚は年賀状を書く日々が続いていますが、1枚書くのに相当の時間と労力を要し、この忙しい年末にやってられないとは誰もが感じることでしょう。

その点電子メールなら、年末の忙しさから開放された新年にちょっと書いて送れるもので便利です。

次に、個人情報保護法の対策のために、最近名簿等の住所録をデータベースとして作らない団体が増えているようです。

そうなると、年賀状を送りたくても宛先がわからない、本人に直接聞いてまで出すほどではないという流れに陥ります。

要は、大事な人にだけ年賀状を送り、あまり親しくない人は年賀状は省くという流れになってきているのだと思います。

バレンタインデーの義理チョコについても同じことが言えそうです。

日常生活の中で多くの人に出会いますが、できる限り多くの人と仲良くしたいという人より、選別された特に気の合う人と末永く仲良くしたいという考えの人の方が多くなってきたということでしょうか。

そんな社会ではますます、もらう年賀状の枚数と人格が比例しそうです。

|

« 仕事を極めるのもほどほどに | トップページ | 癒し、癒される関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の枚数が年々減少:

« 仕事を極めるのもほどほどに | トップページ | 癒し、癒される関係 »