« 人気チームの苦悩 | トップページ | プリペイドカードとクレジットカード »

2006年12月15日 (金曜日)

新型ウィルスの脅威

今年の冬はノロウィルスが流行しそうです。

中学駅伝の選手が集団感染したというかわいそうな報道もありますが、これから冬が深まるにつれて、さらに猛威を振るう様相を呈しています。

浦和レッズの選手の間でも流行したとのことで、ひょっとしたらスポーツ選手あるいは外にいる時間の長い人がかかりやすい病気かもしれないと思うと、外で元気に遊ぶ子供は逆に元気を失ってしまうのではと考えてしまいます。

私も、外出する際、意地を張って長距離を歩かず、タクシーを利用したいと思うようになりました。

ノロウィルスを盾にとった仮病の話もちらほら聞くようになり、もう今年の流行語大賞は発表済みですが、この病原体は言葉のうえでも流行するかもしれません。

思えば、3年前は鳥インフルエンザウィルスが大問題となりましたが、人間に次々と新種のウィルスが襲いかかり、一部の人間はその犠牲になり、それを克服しては、新たなウィルスが現れるという歴史が繰り返されています。

風邪・癌・水虫を完全に治せる薬を開発した人は間違いなくノーベル賞といわれますが、ウィルス対策にいそしむ研究者たちには我々はいくら感謝してもしきれない恩があると感じます。

他方で、北からの悪魔もあれば南からも、古代から人間を苦しめ続けた悪魔が襲来しているとの報道もあります。

地球温暖化でマラリア発生地域がどんどん北上し、沖縄にまで到達する可能性があるとの報道を目にしたことがあります。

北からも南からも小さな、しかし凶暴な悪魔が我々に襲いかかってしまいます。

普通に生活していたら平和な人生を歩めるという時代は終わってしまったのかもしれません。

風邪等の病気に負けない健康な体をつくるとともに、決して油断せず、帰宅時の手洗い・うがいを励行するなど、風邪対策をしっかりととった方が良いようです。

|

« 人気チームの苦悩 | トップページ | プリペイドカードとクレジットカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型ウィルスの脅威:

« 人気チームの苦悩 | トップページ | プリペイドカードとクレジットカード »