« 破産するにも金が要る | トップページ | 責任を負わないと人は話したがる »

2006年11月 1日 (水曜日)

不祥事の自慢合戦

ここ最近、ニュースもワイドショーも、

いじめ自殺問題・世界史履修漏れ問題の2大柱を中心として構成されています。

まるで全国各地の不祥事事例の競争をしあっているようで、滑稽な反面悲しくもなります。

飲みの時など、お互いの武勇伝を語り合うより、自虐ネタで盛り上がる方が多いときもありますが、そんな感じなのかなと感じ、ただ、この問題は宴席でのネタで終わらせてはならず、しっかりと解決しないといけない問題です。

学校がいじめを認めた認めないの変遷についてですが、基本的な事実を一部認めたうえで、それが「いじめ」にあたるかどうかという評価の問題だと思います。

通常の部活動の中でありうる上下関係やレギュラー・控え間の軋轢の範囲内ならイジメではない、その範囲を超えて、特定人物に対する悪意があればイジメだと思います。

人間社会自由が原則ですし、教師も些細なやりとりにいちいち介入していては学校として成り立たないので、イジメの範囲に入ったと感じたところで介入するものだと思います。

問題の学校の問題の籠球部では、退部したり、人間関係に不満を述べる生徒が複数いたとのことであり、学校側は調査し、適切な保護をすべきだったにもかかわらず、それを怠った責任は大きいと思います。

イジメ自殺被害者の会も発足しつつあるとのことですが、全国自虐大会に陥らず、安心して通える学校環境の整備のためにも、関係者には全力を尽くしてもらいたいと思います。

|

« 破産するにも金が要る | トップページ | 責任を負わないと人は話したがる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不祥事の自慢合戦:

« 破産するにも金が要る | トップページ | 責任を負わないと人は話したがる »