« かまってもらえないとすねる子供 | トップページ | 流行語発表 »

2006年11月30日 (木曜日)

人って合理的?

村上氏の裁判が始まりました。

最も大きな争点は、捜査段階で供述した事項につき、保釈後これを翻したことがどうなるかだと思います。

この仕事をやっていてよく困ることは、ある事実を存在するために

「自分が○○という事実がありました、と一言述べるだけで裁判上証明される」

と考えている人が多いことです。

証明はあらゆる証拠を総合的に判断してなされるもので、一言証言しただけで当然にその事実が採用されるわけではありません。

特に、人の発言は記憶違い、言葉違い、嘘など移ろいやすいものですので、特に厳格にその内容は審査されます。

もちろん、供述しか証拠がない場合も多々ありますので、供述だけでは証明できないというわけではありませんが、例えば、誰かに殴られたという事実を証明するためには、その事だけを述べるだけでは足りず、その前後の経緯・何故殴られたかの事情・時間・場所・どこの部位でどこを殴られたか・殴られたときどんな印象を受けたかなど色々話し、それらの事情が総合的に合理的かどうか、嘘や記憶違い等の可能性はないか判断されます。

それは、事実の証明に限らず、話の内容が突然がらっとかわった場合や、今回の村上氏の事件のように当初の自白を撤回した場合にも同じことがいえます。

事情を知らない裁判所が第三者的立場で公平中立かつ適正な裁判をするためには当然の方法論ですが、この合理性についてはあまりガチガチに追及するのは良くないといつも思います。

人はそれほど合理的な存在ではないからです。

好きな人に厳しく対応したり、買い物に行って同じところを何度も言ったりきたりしたり、後でもっと辛くなることを分かっていながら、深酒や二度寝をしたり、誰でもあることだと思います。

逆に、誰に対してもどんな時も優しく振る舞える人や、買い物に行って最短経路できっちり買い物を全て完了したり、後々のことを考えて、体に悪い行為を一切行わない人たちのほうが奇異な人間に見える場合もあると思います。

人は不合理な存在であるまでとはいいませんが、それほど合理的であるかといえばそうではない気がしますし、判決を読んで、供述内容が合理的だからAさんの供述を信用して、不合理なBさんの供述は信用しないという部分には、結論には納得できても理由が腑に落ちないときもあります。

ただ、裁判は妥当な結論を導いてこそのものであり、結論に至る理屈には色々と穴があるが(そうであるからこそ、そこをつかれた不毛な上訴が後を絶たない)、結論にはナルホド!という判決は理由に窮しながら裁判所の機能を確保したものだと考えています。

そういう意味で、判決文上は供述内容の合理性を理由に挙げていても、現実には、誰の供述が一番信用できるか確定させたうえで、合理性はその後付けの理論として採用されている場合が多いのではないかと感じ、そう考えると、人の合理性の程度と、裁判所が重視する合理性の程度は実に近似しているのかなと、感じます。

|

« かまってもらえないとすねる子供 | トップページ | 流行語発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人って合理的?:

» 離職するのにベストな時期は? [失業保険に頼らない!脱サラ男の資産形成ブログ!]
こんにちは【失業保険に頼らない!】青田です。前の記事で色々辞める時期的な事を書きましたが、やはりベストオブ退職時期は・・・「12月の締め日」です。理由は・・・失業保険の日額は退職前6ヶ月の給料で決まる一番大きいボーナスは12月4月~6月の給...... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日曜日) 18時36分

» ボーナスを貰ってから辞めるか?否か?【失業保険に頼らない!脱サラ男の資産形成ブログ!】 [失業保険に頼らない!脱サラ男の資産形成ブログ!]
こんにちは!【失業保険に頼らない!脱サラ男の資産形成ブログ!】管理人のアオタです。サッカーのバルサ対クラブアメリカの中継を見ながら書いています。バルサ強いです!(汗) 今回はボーナスについてです。以前にも書いた通り、ボーナスは失業保険(雇用保険)の基...... [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金曜日) 00時59分

« かまってもらえないとすねる子供 | トップページ | 流行語発表 »