« 金額に反応する習性 | トップページ | 破産ってなんだろう »

2006年11月14日 (火曜日)

子を殺すのは親か教師か同級生か?

出勤間際にテレビのワードショーをかけっぱなしにしていると、小中学生の死亡事故の話が良く現れます。

いじめ自殺。

教師によるいじめ。

親によるせっかん死。

子供にとって、親・教師・同級生は、人と接する時間の大半を占めるはずです。

そんな周囲のほとんどの人に命を狙われるというのも物騒な話です。

親・教師による事件は共通性があります。

いずれも子供が思うようにいかないから、自分にとって(一時的にでも)マイナスの存在であるから、これを排除したいという衝動に駆られているようです。

人に迷惑をかけるような我が儘はいけないと教育することは大人の大きな仕事ですが、子供はもともと我が儘な存在であることを忘れ、あたかも自分達大人と同程度の思慮分別ある存在であると錯覚しているケースが多いのではないかと思います。

他方、子供同士のイジメの場合、自分中心の世界の中から自分と合わない人を排除したいという衝動があるようです。

そう感じるのは人としてやむをえないことですが、現実に排除しようとするのは精神的に幼稚に過ぎますし、それはイジメをしている本人に限らず、イジメを知りつつ、これを止めない人も、消極的に排除意思が働いており、近いレベルにあるのではないかと感じます。

いずれにせよ、身近な人間に命を狙われる生活はまっぴらですし、そんな社会にならないためにも、一人一人が、合わない人とも仲良くやっていこうと心がけ、子供にもそのように教育していくことが大事なのだと感じます。

|

« 金額に反応する習性 | トップページ | 破産ってなんだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子を殺すのは親か教師か同級生か?:

« 金額に反応する習性 | トップページ | 破産ってなんだろう »